先輩スタッフの声

STAFF VOICE

先輩スタッフの声

白岩物産のホームページをご覧いただき、誠にありがとうございます。
ここでは、当社で働く職員の実際の声を掲載いたします。白岩物産とはどのような会社なのか理解いただくための参考にお役立てください。

  • 調理師 高橋 百合子
    (白岩工業鶴見寮社員食堂)

    社員の健康を第一に

    社員の皆様と良く健康について話題になり、特に高血圧で塩分摂取量を制限されたお話を良く聞きます。身体が資本で働く皆様を意識して「うす味で美味しく」を基本に、そして健康に過ごせますよう料理を工夫しています。また、これからも感謝の心をもって料理をしていきます。

    社員の皆様に喜ばれますように

    社員寮は若手社員からベテラン社員まで年齢層が広く食事嗜好もそれぞれです。そのため社員皆様と接する機会を大切にし、味付けや食材のバランスを心掛けています。少しでもその心が伝わりますようお食事の提供をしていきます。

    調理師の仕事内容

    1日の流れ

    一日2回「朝食」と「夕食」を週6日間社員の皆さんに提供することが主な仕事になります。現在、社員寮を利用している社員20名の調理を一人で担当しています。社員食堂の営業時間は朝食6時~夕食20時までとなっています。その日の片付けが終われば、一日の業務は終了となります。

  • 料理長 古賀 信博
    (東海村作業員宿舎食堂)

    お客様は家族のように

    宿舎生活をより安らげる時間と料理を楽しんでいただくことを想い「おはようございます」「行ってらっしゃいませ」「お疲れさまです」「ありがとうございました」といったご挨拶から、アットホームで心休まる場所とお食事の提供を心掛けています。

    仕事はチームワークで

    仕事は、より結束力を高めチームワークを充実させることで、稼働力が増し効率な働き方に繋がります。そのため、常時ディスカッションの場をつくることを徹底し、チーム力を高め、一丸となって宿舎管理を行っています。

    良質なサービスで楽しい職場

    常にお客様とコミュニケーションをとって、高いクオリティとパフォーマンスを発揮し、そしてお客様に喜んでいただけることで、仕事が楽しいと感じられる職場を目指しています。

    料理長の仕事内容

    1日の流れ

    お客様にご提供する料理のメニューを作成し、それに基づいた食材を発注する事が主な仕事になります。また、調理師と調理補助員の勤務シフト作成や、勤怠管理も行います。お食事の提供は3食で、「朝食」「昼食はお弁当」「夕食」となります。朝食は5時半からで片付けまで終われば休憩に入ります。休憩後は昼食のお弁当の準備をします。夕食は18時からで片付けが終わり20時を向かえ、一日の業務が終了となります。